悪質な技術

盗聴器やgpsには最先端の技術が組み込まれている場合もあります。このような悪質な技術の流用によって被害を被る方々も多くいるのです。少しでも怪しいと感じるのであれば、すぐにでも専門家に相談するようにしましょう。

盗聴器の種類

男性

リモコン式盗聴器

リモコン式盗聴器の特徴は遠隔操作が可能という部分になっています。リモコンで操作を行なうので、操作電波が送れる範囲に仕掛けた本人がいるケースも多いとされています。そのためリモコン式盗聴器の電源がONになっている状態で電波をキャッチする必要があるのです。

アナログ式盗聴器

アナログ式盗聴器は盗聴器の中でも最も多い種類となっています。購入費用と偽装された物が多いという理由で、数多くの盗聴に利用されているのです。電波がアナログなので比較的受信しやすく、発見も容易に行なえるものとされています。

デジタル式盗聴器

アナログ電波ではなく、デジタル電波を利用しているデジタル式盗聴器もあります。この電波は他の電波に紛れてしまうこともあるので発見するためには専用の受信機器を利用する必要があるのです。この盗聴器自体の値段が高いということもあって利用されることは少ない盗聴器ですね。

コンクリートマイク

コンクリートマイクは他の盗聴器と違い、設置するというよりも盗聴する時に使用されることが多いです。また壁にマイクを近づけ音を拾う仕組みになっているので、隣接している部屋でなければ盗聴が出来ないという特徴を持っています。

スクランブル盗聴器

スクランブル盗聴器は盗聴器の中でも発見が難しく、周波数が定期的に変わるという特徴を持っています。盗聴器の周波数に合わせて探す必要があるので実績や経験のある盗聴発見業者を利用して探すことをオススメします。

発見しても安易に触らない

盗聴器を見つけた場合には安易に騒いだり、触ったりしないようにしましょう。もしかすると犯人がすぐそばで聞いている可能性もあるので、身を守るためにも専門業者や警察に相談してから対策を行ないましょう。

盗聴器やgpsに関するギモン

車

盗聴器ってどこに設置されている可能性が高いですか?

盗聴器の設置されている場所で一番多いのはコンセントの裏側や屋根裏が多いとされています。音が拾いやすく、さらに分かりにくい場所に隠されていることが多いので重点的に探すのであれば、まずはその辺りを探しましょう。

gpsみたいな小型機器を見つけたのですが

gpsに似た小型盗聴器の可能性もゼロではありません。身の安全を第一に考えるのであれば、盗聴器調査業者を呼び判断してもらいましょう。その後に一度警察に相談し、自宅周りの警備を強化してもらう方がいいと考えられます。

最近誰かに監視されているような気がする…

不安に感じるのであれば、誰かに相談するといいでしょう。自宅以外で相談をする方が賢明といえます。身内でもいいですが誰の犯行なのか、また本当に犯行が行なわれているのかが不明なため専門業者を呼んで確かめてみる必要があります。

どんな専門業者を利用した方が良いでしょうか?

gpsや盗聴器の発見に実績のある専門業者を利用するようにしましょう。実績の高い専門業者であれば、発見しにくい物も経験と専門機器によって見つけ出すことが出来るためオススメ出来ますよ。

盗聴器の特徴を教えて下さい

盗聴器と一言で言ってもいくつもの種類があります。遠隔操作によって盗聴を可能にするリモコン式タイプやデジタル電波を使っているデジタル盗聴器というタイプもあるのです。専門家でなければ見抜けない物もあるので相談するのは一番良いでしょう。

見つけられない盗聴器も専門家なら捜索可能!優れた盗聴器調査

男女

自宅に潜む脅威

普段生活の中心となる自宅にも様々な脅威が隠れています。安心安全だと思っていた自宅も誰かに監視されていたり、生活が筒抜けになっている場合があるのです。その為にも盗聴器調査をしておくことをおすすめします。

GPS

不可解なことが起きたら疑いを

生活を送る上で不可解なことが起きた場合には、盗聴器やgpsの疑いを持ちましょう。gpsや盗聴器の発信機は小型なタイプが多いのでどこかに取り付けられている可能性もあります。またgpsには追跡機能も付いているので要注意ですよ。その他の悪質な犯罪と言えば盗撮。知らぬ間に日常生活を隅々まで見られている可能性があるので、依頼するときは盗聴・盗撮発見のどちらもお願いしておくことです。ときには自宅のみならず、なんと自家用車に仕込まれることだってあるのです。

スマホ

専門業者に任せる

盗聴器やgpsは専門業者に見つけてもらうとよいでしょう。専門業者は特殊な機器を利用し、gpsや盗聴器の電波を受信することが出来るので隠されている発信機を見つけ出すことが出来るのです。